妊娠したら白髪が増えた

 

妊娠をして、なんだか白髪が増えたような気がする。という方は意外に多いのではないでしょうか?

実は、妊娠をすると赤ちゃんに栄養を取られるので、頭髪にまで栄養が中々行きわたらないことが原因しています。

しかし、大丈夫です。白髪対策をすることで出産と共に黒髪に戻る可能性は高いです。そう言われても、黒髪にならなかったら心配だ。

そう考えている方のために、今回は白髪と妊娠についてご紹介したいと思います。

Sponsored Links

妊娠がもたらす頭髪への影響について

妊娠をして、白髪になってしまった人は、急に老けた気がしてなんだがブルーになってしまいますね。いくら子供の為とはいえショックです。

いったい、頭髪は妊娠をするとどういう状態になるのでしょうか?白髪になる原因とは?

妊娠をして白髪になる4つの原因

  1. ホルモンバランスの乱れ
  2. ストレス
  3. 栄養不足
  4. 頭皮ケア

以上4つの原因の可能性が高いです。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠をすると女性ホルモンのバランスが不安定になり、身体にいろいろな症状が現れます。その一つが白髪です。女性ホルモンのエストロゲンは毛髪の生成を促進してくれる働きがあります。ホルモンバランスが崩れることで毛髪が生成されなくなります。

ストレス

妊娠中はホルモンバランスが乱れて気持ちが不安定になったりイライラしてしまいます。そのために不安になってストレスがたまります。

栄養不足

妊娠中は赤ちゃんに栄養をとられてしまうので、優先順位の低い頭髪には栄養が中々行きわたらなくなります。そのため、メラノサイトや酵素の働きが弱くなります。

頭皮ケア

妊娠中は、お腹が大きくなりシャンプーをするのも億劫になる人もいます。そのため、頭皮に皮脂がたまったりして状態が悪くなり白髪に繋がることもあります。

ホルモンバランスは仕方がないのですが、ストレスや栄養不足、または頭皮ケアは気をつけることができますね。妊娠中でも億劫がらずに、頭皮ケアも行いましょう。

■妊娠中の白髪は黒髪に戻ることができる?

妊娠中に白髪になる場合は、殆どの場合元に戻れ可能性は高いです。しかし、その原因が老化の場合は元の黒髪になる可能性は低いです。

元に戻れる白髪とは

  • ストレス
  • 栄養不足

妊娠中にストレスや栄養不足で白髪になっているのなら、元の黒髪に戻れる可能性は高いです。

元に戻れない白髪とは

  • 老化

最近は高齢出産が増えています。白髪になる年齢は女性は30代後半と言われています。出産がその年齢にたっしている方の白髪の場合は、妊娠と白髪になる年齢がたまたま一緒だったということもあります。しかし、老化は遅らせることで白髪にならない可能性は高くなります。

妊娠中に気をつけることは

  • ストレスをためない
  • 栄養不足にならない

この二つ気をつけましょう。ストレスをためてばかりいると、頭髪だけでなく胎児にも悪い影響を及ぼします。ストレスをためない工夫をして、栄養もたくさんとるようにしましょう。

妊娠中で、白髪が気になる方はどうしてる?

妊娠中に白髪が気になる方は、ヘアカラーはお勧めできません。

・妊娠中に白髪が気になるからとヘアカラーをしようと思っている方は、胎児への影響よりもデリケートな母体の頭皮への影響が心配されます。
・気になる場合は、帽子やウィッグなどで白髪を隠しましょう。

まとめ

妊娠中の白髪は殆どの場合、元の黒髪に戻れる可能性が高いです。しかし、最近では高齢出産も多くあり、老化が原因の場合もあります。

老化が原因の場合は残念ですが、元の黒髪に戻れ可能性は低いです。その場合は、老化を遅らせる努力をして白髪予防をしましょう。白髪になったと悲観しているとストレスがたまってしまいます。

ストレスをためずにリラックスして妊娠ライフを楽しく過ごしましょう。

 

 

Sponsored Links