白髪があると老けて見える?

白髪をそのままにしていると、とても老けて見られますね。白髪が生えている30代の方が40代に見えたと言う話を聞いたことがあります。
 

女性にとって実年齢よりも上に見られることは、とてもショックです。いつまでも若々しく見られたいと願うのは、女性全般の願いですね。
 

そこで今回は、白髪が老けてみえる原因と対処の仕方をご紹介しましょう。
 

Sponsored Links

白髪 老けて見える、不潔に思われるのはなぜ?

まず初めに、白髪が生えているとなぜ老けてみえるのでしょうか?
 

白髪が生えるのは、殆どの場合老化が原因しています。

白髪が生える

老化現象

老けている
 

つまり、白髪は老化現象だと誰もが思っているので、老けて見えるのです。
 

少ない白髪は不潔に見える

白髪がチラホラ出始めると、白い物=フケ・汚れ?と勘違いされることもあります。黒髪に白いものが混じってしまうと、老けて見えるだけではなく、不潔にも見られてしまいます。女性にとって不潔にみられることは、心が痛いですね。白髪が全く気にならない方もいます。気にならない方は、白髪をそのままにしておくのがベストです。
 

しかし、いつまでも若々しく見られたい方にとっては、白髪は天敵でしかありませんね。
 

そこで、見た目年齢をあげる白髪の対処法をご紹介します。
 

見た目年齢をあげる白髪の対処法

一度生えてしまった白髪は、ストレスや病気以外は二度と黒髪に戻ることはありません。
 

そのためには、白髪を隠すしかありません。
 

見た目年齢をあげる白髪の対処法

  • 白髪染めをする
  • ファンデーションタイプを使う
  • ウィッグを使用する

以上3つが、白髪の対処法です。
 

白髪染めをする

白髪染めには、大きくわけて3つの方法があります。ヘアカラー・ヘナカラー・ヘアカラートリートメントの3つです。それぞれにメリットデメリットがあるので、自分に合ったカラー染めをして、いつまでも若々しくいましょう。
 

  • ヘアカラー

自分好みの色に染めたい方におすすめです。約1か月半から2ケ月持続します。白髪染めの中で一番使用されています。
 

しかし、ヘアカラーにはアレルギー物質のジアミン系の染料が入っています。アレルギー症状のある方や肝臓や腎臓の弱い方は使用することはできません。
 

  • ヘナカラー

ヘナカラーは植物のヘナを粉末にして使用するので、身体にとても優しいです。使い続けていくと髪の毛がサラサラになっていきます。
 

しかし、白髪が赤褐色にしか染まりません。
 

そのため、インディゴなどのハーブを入れて染めている人もいます。施術がとても面倒です。
 

ヘナカラーの中にはケミカルヘナカラーと言って、ジアミン系のアレルギー物質を含んでいる物もあります。購入の際には注意が必要です。
 

  • ヘアカラートリートメント

髪と同じ酸性の染料をつかって使用するため、発色がいいです。最近は、ドラッグストアーでも購入できるようになりました。身体にも優しく、とても使いやすいです。トリートメント効果があり、髪の毛がサラサラになります。
 

しかし、ヘアカラー剤のように一度ではしっかり染まりません。何日も重ねて塗っていくことで、徐々に自然な色に仕上がっていきます。染まり方には個人差があるため、物足りなく思う人もいます。
 

ファンデーションタイプを使う

白髪染めはあまりしたくない。または、少ない回数で髪への負担を軽減したいと言う方におすすめの商品です。
 

ファンデーションタイプは、髪に塗って白髪を隠します。白髪染めをして、伸びてきた白髪に塗っていきます。シャンプーをすると落ちます。白髪染めをしながら、間にファンデーションタイプを挟むことで、白髪染めの回数を減らすことができます。急なお出かけのときなどに便利です。
 

ウィッグを使用する

白髪染めもファンデーションタイプも嫌だと言う方には、ウィッグを使用する方法もありますね。ウィッグは、いろいろな髪型に変えることもできるので、いくつか持っていると便利でお洒落です。
 

しかし、頭が蒸れて頭髪に悪影響がでることもあるので、通気性のよいウィッグを使用するようにしましょう。
 

まとめ

以上、白髪が老けて見える原因と対処の仕方をご紹介しました。
 

白髪が原因で実年齢よりも上に見られてしまうのは女性にとってとてもショックです。白髪染めなどをして、いつまでも若々しくいたいものです。
 

あなたに合った白髪染めをして、たくさんお洒落もしていつまでも若々しくいましょうね。
 

Sponsored Links