コーヒーと白髪

 

コーヒーを飲み過ぎると白髪になりやすい。そんな話を聞いたことはありませんか?

いや、私の母は40年以上コーヒーを飲み続けているけど、白髪は少ないです。私もコーヒーをよく飲みますが白髪は1本もありません。そんな話も聞きますね。いったいどちらが正しいのでしょうか?

実は、コーヒー好きにはショックですが、コーヒーを飲み過ぎると白髪になりやすいという話は、あながち間違いでもないようです。

今回は、白髪とコーヒーの関係をご紹介しましょう。

Sponsored Links

コーヒーを飲み過ぎると何故白髪になるのでしょうか?

それは、コーヒーの中に含まれているカフェインが原因しています。カフェインは交感神経にダイレクトに効き眠気を覚まさせる効果があります。

カフェインの副作用


・血管を収縮する

血管を収縮する副作用があるので、頭皮にうまく栄養が届きません。

・不眠・睡眠障害
質の良い睡眠がとれなくなり、成長ホルモンが働かなくなります。

・自律神経の乱れ
カフェインは交感神経にダイレクトに効くので、常に交感神経が優位になり自律神経が乱れ、血流が悪くなります

コーヒーの副作用で、血流が悪くなり、頭皮に栄養が行き届かなくなります。その結果白髪になる可能性が高くなります。

白髪を予防したい方は、コーヒーはあまり飲まずに、カフェインレスの飲み物に変えるのもいいですね。

ファミレスのコーヒーおかわり自由・実はとっても危険!なんです

ファミレスのコーヒーは、おかわりが自由だからつい利用する方も多いですね。私も何度も利用していました。

実は、ファミレスのコーヒーはとっても危険だということをご存じですか?

おかわり自由のからくり

ファミレスのコーヒーの中には食品添加物がたくさん入っています。価格を下げるために、あるからくりがあったんです。

コーヒー豆のかさを増すために増量剤を入れている

かさが増すことで風味が消える

風味づけのためにコーヒー香料を入れている

このように、ファミレスのコーヒーはかさを増すときと、風味をつけるときに食品添加物を利用しています。

食品添加物

増量剤→リン酸塩
コーヒー香料→酢酸ベンジル ・ジメチルチオエーテル ・B-ナフトールエチルエーテル などの合成香料を使用

食品添加物の摂りすぎは頭皮環境に悪影響を及ぼす恐れがあります。何故なら、リン酸塩の摂りすぎで治癒力や免疫力低下になる可能性が高いからです。

喫茶店のコーヒーとファミレスのコーヒーを比べてみてください。風味も味も、全く別物だと思いませんか?

どうしてもコーヒーを飲みたくなったら、ファミレスのコーヒーは控えて喫茶店のコーヒーを飲むことをお勧めします。もちろん、その喫茶店がリン酸塩を使っていないということが前提です。

白髪を予防・コーヒー飲み過ぎに注意

コーヒーっていったい一日何杯くらいなら大丈夫なんでしょうか?

理想のコーヒーの摂取量

・成人男女(健康な方)一日2杯~3杯(マグカップ)

・妊婦・身体の弱い方 一日1杯~2杯(マグカップ)

コーヒーはダイエット効果や集中力などを高めてくれたりします。しかし、摂りすぎると白髪になったりカフェイン中毒になる可能性も高いので注意が必要です。

まとめ

以上、白髪とコーヒーの関係についてご紹介しました。

コーヒーに含まれるカフェインが白髪の原因になるので、白髪を予防したい方はコーヒーを飲むことは控えてカフェインレスの飲み物に変えるといいですね。また、どうしても飲みたい場合は一日の理想の摂取量を守って飲むようにしましょう。

ファミレスのおかわり自由のコーヒーは極力飲むことをやめ、コーヒーが飲みたくなったら喫茶店のコーヒーを飲みましょう。もちろんリン酸塩が入っていないコーヒーです。

因みに私はカフェインレスのルイボスティーを飲んでいます。アンチエイジング効果もありお勧めです。

参考記事:白髪を予防できる飲み物|美味しい豆乳アレンジレシピもご紹介♪

 

 

Sponsored Links