ストレス白髪

 

白髪になる原因は遺伝性や加齢が殆どですが、健康とも深く関わっています。

過度のストレスや、不規則な生活を続けていると体調不良になり白髪になってしまい、見た目よりも随分と老けた印象にもなります。

また、病気が原因で白髪になる場合もあります。今回は、白髪と健康の関係についてご紹介しましょう。

Sponsored Links

身体が健康だと白髪になりにくいって本当?

白髪は老化現象の一つです。老化が進むと白髪になる可能性も高くなります。健康な身体は、老化が進むのもゆっくりです。このことから、身体が健康だと白髪になりにくいと言われているんですね。

健康な身体づくりをする4つの方法

1適度な運動をする
ウォーキング・水泳など

2バランスの良い食事に心がける
頭髪には質の良いタンパク質・ビタミン・ミネラルなどの栄養が必要です。特に亜鉛などのミネラルを多くとりましょう。

3ストレスをためない
ストレスを上手に発散するようにしましょう。ストレスがたまると自律神経の交感神経がいつも優位になって身体のバランスを崩してしまいます。

4質の良い睡眠をとる
あなたにあった寝具を使っていますか?特に枕が合わないと質の良い睡眠はとれません。入浴は睡眠2時間前にはいりましょう。

成長ホルモンが分泌するゴールデンタイムは夜の10時から、夜中の2時までです。この時間に睡眠をとるように心がけましょう。

以上4つです。

4つのことを心がけていると、自律神経のバランスが整い、免疫力もアップして血流がよくなります。血流がよくなると、身体の隅々に栄養を届けることができ、健康な身体を作ります。

白髪になるメカニズムは、メラノサイトの色素工場とメラニン色素を生成する酵素の働きに関係しています。

不健康な場合は、血流も悪くなるのでメラノサイトや酵素に十分な栄養がいきたわりません。その結果、二つの働きが弱くなり白髪になってしまいます。

健康な身体をつくり、老化を遅らせて白髪を予防しましょう。

白髪が生えた。ひょっとして病気が隠れている可能性があります。

遺伝性でも加齢でも、ストレスでもない白髪の場合、ひょっとしたら病気が隠れている可能性があります。

白髪になる病気って何?

1貧血症
髪の毛がパサつくなどの症状はありませんか?髪の毛がパサつくというのは、髪の毛に十分栄養が行き届いてないということです。

貧血になると、食べ物から摂取した栄養が髪の毛に届きにくくなり、白髪になる可能性が高くなります。鉄分・亜鉛・ビタミンを多く含む食品をとりましょう。

2慢性的胃腸疾患
栄養を消化吸収する胃がなんらかの異常を起こすと頭皮は固くなり、髪に栄養を届けることができなくなります。その結果白髪になってしまいます。

3甲状腺疾患(甲状腺機能低下症)
甲状腺機能低下症の症状の一つに白髪が増えることがあげられています。甲状腺機能低下症とは、原因がわかっていませんが、甲状腺ホルモンが減少する病気です。疲れやすくなる、体重の増加、筋力の低下、疲労感などがあります。

 
この他にも、マラリアや円形脱毛症の後に白髪になったりする場合があります。

以上3つの病気が考えられます。体調に変化がでた場合、早めに専門医で受診することをお勧めします。

このように、健康と白髪は深く関わりがあります。

まとめ

以上、白髪と健康の関係についてご紹介しました。健康な身体は老化を遅らせることに繋がります。

老化を遅らせることは、白髪予防や白髪を改善に効果を発揮します。健康でいるためには、規則正しい生活習慣が大事です。

適度な運動や、バランスの良い食事・ストレス発散質の良い睡眠などを実行しましょう。また、白髪が増える原因の一つに病気が隠れている場合があります。

身体の変化を見逃さずに体調不良がある場合は、専門医で受診することをお勧めします。

 

 

Sponsored Links