白髪になる仕組みと原因って何?!

白髪になる仕組みや原因は、遺伝的な要素や加齢からくるということはわかっていても、化学的な研究が進まず、あまりよく解明されていませんでした。
 

しかし、最近では京大のグループや花王の研究グループでの研究が進み、白髪の仕組みや原因に効果をあげています。白髪の研究が進み、近い将来白髪をなくすことができたら、とても嬉しいですね。
 

そこで、今回は白髪になる仕組みと原因についてご紹介しましょう。
 

白髪になる仕組みについて

髪の毛は生まれたときは全て白髪です。このことを頭に置いておきましょう。
 

白髪になる仕組み

頭皮の中はいったいどうなっているのでしょうか?
 

髪の毛を作る場所を毛包といいます。

この毛包の内部には、毛乳頭があります。

毛乳頭は、毛細血管からおくられてくる栄養を蓄える働きがあります。

この毛乳頭を取り囲んでいるのが、毛髪を作るとされている毛母細胞です。

毛母細胞は毛乳頭から栄養をもらって細胞分裂を繰り返し、毛髪をつくります。

このときに、メラノサイトやメラニン色素を生成する酵素の働きが弱くなると、髪の毛に色をつけることができなくなり白髪となって現れます。
 

白髪になる原因について

白髪になる原因はいろいろあります。多くは遺伝性加齢が原因と言われています。
 

その他の原因について3つご紹介しましょう。

  • 過度のストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 病気

が考えられます。
 

過度のストレス

過度のストレスで自律神経のバランスが崩れて、血流が悪くなり頭髪に栄養を届けることができなくなり白髪になる可能性があります。
 

生活習慣の乱れ

  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 不規則な食事
  • 過度の飲酒
  • 喫煙
  •  

生活習慣の乱れから、頭皮に十分な栄養がいきわたらなくなり、白髪になる可能性が高い
 

病気

病気が原因で急に白髪が増える場合があります。
 

  • 甲状腺疾患
  • 貧血症
  • 急性の胃腸疾患・マラリア
  • 円形脱毛症から白髪になる場合もある
  •  

病気が隠されている白髪もあります。心あたりのある方は専門医での受診をお勧めします。
 

白髪の仕組みと原因を知って白髪対策をしましょう。

遺伝性や加齢であきらめている方は多いと思います。
 

しかし、両親から引き継いだ生活習慣を変えるだけで、あなたの白髪改善・予防になれる可能性は高くなります。
 

生活習慣を見直しましょう。
 

  • 適度な運動をする

有酸素運動がお勧めです。ウォーキングやスイミングなどを継続して行うと血流がよくなります。
 

  • バランスのよい食事をとる

質のよいタンパク質やビタミン・ミネラルを摂りましょう。質の良いタンパク質は2種類あります。植物性タンパク質を多く含む食材がお勧めです。
 

また全てのビタミンは髪に良いとされていますが、ビタミンB2・B6・E・Cはとくにお勧めです。日本人はミネラルが不足していると言われています。亜鉛は髪の毛にとくに良いとされているので、亜鉛を多く含む食材を探して摂ると白髪改善・予防になりますね。
 

  • 質のよい睡眠

成長ホルモンの分泌が活発な夜10時から夜中2時になるべく睡眠をとるようにしましょう。細胞が活発になることで、頭髪の成長を促します。入浴は睡眠の2時間前に入ることで、深い眠りにつくことができます。試してみてください。
 

  • 禁煙をする

喫煙は毛細血管を収縮して血流を悪くするので健康のためにも、ぜひ禁煙を心がけてください。
 

まとめ

白髪になる仕組みは、京大グループや花王研究グループの研究で随分と解明されてきました。白髪の仕組みや原因がわかると、今の生活習慣を見直そうと思いませんか?生活習慣を見直すことで老化を遅らせることもできます。 

白髪は遺伝性や老化だから仕方ないと諦めないで下さいね。