白髪染めの健康被害!?

白髪染めを長年続けている人の間で、いろいろな健康被害が報告されているのをご存じですか?酷い例ではアトピー性皮膚炎の女性が白髪染めをして死亡した。という事例も報告されています。
 

そんな危険な白髪染めには、どういった健康被害があるのでしょうか?
 

また、安全性において問題はないのでしょうか?今回は、白髪染めの健康被害についてご紹介しようと思います。
 

白髪染めの健康被害が怖い原因

白髪染めは、化学染料を使って染めていきます。この化学染料の中には、ジアミン系のアレルギー物質が入っています。アレルギー症状がある方が、白髪染めを使用した場合以下の症状が報告されています。
 

  • 痒み
  • 赤くはれる
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 喉の痒み・痛み
  • 湿疹
  • アナフィラキシーショック
  •  

アレルギー症状がない方でも、ジアミン系の白髪染めを使用することで、突然アレルギー症状を起こす場合があります。一度アレルギー症状を起こしてしまうと、使い続けることはできません。安易に使い続けていると、症状は重篤になり最悪の場合、呼吸困難(アナフィラキシーショック)になる可能性が高くなります。
 

白髪染めには、ジアミン系の化学染料が殆ど入っているといっても過言ではありません。ジアミン系の化学染料が入っている白髪染めは、身体への安全性を約束できない気がしますね。
 

まだあった・白髪染めの怖い健康被害

アレルギー症状を起こすことは、よく言われていることですが、白髪染めを長年使い続けていると怖い健康被害が報告されているのをご存じですか?
 

癌になる?

茶髪ガンという話をきいたことはありませんか?これは、癌で亡くなった女性の話です。
 

頭蓋骨は白いはずなのに、茶色く色が染まっていたといいます。この女性は、髪の毛を長年使っていたと言われています。化学染料が皮膚から吸収されていることがよくわかる実例ですね。
 

白髪染めをしている女性は癌の一種・リンパ腫になる危険性が50%も高くなると言われています(米国立がん研究所報告)
 

造血機能低下

白髪染めの化学染料が皮膚から吸収されるために起こる病気です。「骨髄異形成症候群」「再生不良性貧血」など
 

肝臓や腎臓への負担

白髪染めを使い続けることで、肝臓は毒素を分解し続けます。このため、肝臓に多くの負担がかかってしまいます。
 

また、それを排出するために腎臓にも負担がかかります。

 

店頭に並ぶ白髪染めですが、最近少なくなったと思いませんか?それはメーカー側が自信のない商品を自主回収していると言う話もあります。これは、使用した人が体調不良を消費者センターに被害報告をされている結果だとも言えますね。
 

白髪染めは、女性にとってはなくてはならないものです。しかし、いろいろな健康被害があることも頭においておく必要がありますね。健康面での安全性を考えるのなら、ジアミン系の白髪染めは止めて身体に優しい方法がいいと思いませんか?
 

健康被害がない安全性の高い商品とは?

安全性が高い商品と言われてすぐに思いつくのが、ヘナカラーだと思います。
 

しかし、このヘナカラーにも落とし穴があります。
 

ヘナカラーには大きく分けて2つあります。

100%天然ヘナカラー
ケミカルヘナカラー

この二つの商品の違いは、ケミカルヘナの中には化学染料が含まれているということです。
 

そのため、アレルギー症状がある方は絶対に使用することはできません。
 

また、100%天然ヘナカラーも天然の植物を使っています。このため、植物アレルギーのある方は使うことができません。色がオレンジ色にしか染まりません。
 

そのため、100%天然ヘナカラーの中にインディゴなどを入れる場合があります。ヘナカラーを使用する際には、必ずパッチテストを行うようにしましょう。
 

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、身体に優しい安全性の高い商品です。
 

しかし、一度染めただけでは色はつきません。何度も使用することで、自然の色に染まっていきます。白髪染めのように長期間持続効果はないですが、身体には優しい商品です。
 

しかも、トリートメント効果があるので髪の毛もサラサラになり一石二鳥ですね。
 

ヘアカラートリートメントを使用してみて、染まり方が弱いと感じている方は、ひょっとしたら使用方法が間違っているのかもしれません。使用方法を間違っている場合は染まり方が弱くなってしまいます。
 

例えば、シャンプーをした後にヘアカラートリートメントを使用した。などという場合です。ヘアカラートリートメントは、シャンプーをする前に使用するが正しい方法です。正しい方法で使用すると、染まり方は弱いですが長く続けていると自然と染まっていくのが実感できます。何より、健康被害のない安全性が高い商品なのでお勧めです。
 

まだありました。白髪を隠すグッズ

白髪染めは面倒。でも、お洒落もしたいと言うかたにお勧めグッズです。
 

・素敵な帽子
・ウィッグ
・白髪隠しファンデーション

 

帽子やウィッグは、夏場などは頭が蒸れてしまいますが、白髪隠しファンデーションはヘアカラートリートメントがあまり染まらない。でも、白髪が気になる。という時に便利です。シャンプーをすれば落ちますが、白髪の生えはじめのときなどにはいいですね。
 

健康の安全性を考えると白髪染めをしないことが一番です。白髪染めをしなくても、お洒落に過ごしたい人のために、ヘアカラートリートメントや白髪隠しファンデーションなどを上手に使って健康被害が起こらないようにしたいものですね。
 

まとめ

ジアミン系の白髪染めは、いろいろな健康被害が報告されています。アレルギー症状だけではありません。長年使い続けていると、体調不良になってしまう事例もたくさんあります。
 

健康面での安全性のためにも、身体に優しいヘアカラートリートメントなどを使うのがいいですね。ぜひ、参考にしてみてください。