悩み

 

白髪は老けた印象になるので、白髪の多い方にとっては白髪染めはなくてはならないものだと思います。 
 

しかし、白髪染めを続けている方の中には、副作用を経験して悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 
 

そこで今回は、白髪染めの副作用についてご紹介しようと思います。 
 

Sponsored Links

白髪染めの副作用ってどんなものがある?

まずは白髪染めをすると、なぜ副作用が起こってしまうのでしょうか?

  
市販の白髪染めや美容院の白髪染めには殆どの場合、化学染料が入っています。この化学染料はアレルギー物質です。 
 

アレルギーのない方でも、使い続けていると突然アレルギー症状が発生する可能性があります。 
 

副作用を起こす主な成分

染料→ジアミン系の化学染料
発色剤→アミノフェノール
防腐剤→レゾノシン 
 
この中でもジアミン系の化学染料がアレルギー物質なのでとくに注意が必要です。 
 

白髪染めの主な副作用

・かぶれ
・湿疹
・頭痛
・吐き気
・顔の腫れ
・頭皮がピリピリする
・頭皮がただれる 
 

顔の腫れは、酷くなると1ケ月以上皮膚科に通ったと言う例もあります。 
 

一度ジアミン系のアレルギー反応がでてしまうと、ジアミンが含まれている白髪染めは使うことができなくなります。 
 

症状が軽いからと安易に考えて使い続けていると、生死にかかわる症状がでる可能性もあります。 
 

生死に関わる症状とは?

アナフィラキシーショック(呼吸困難) 
 
気道が狭くなり呼吸困難になります。酷くなると生死に関わる怖いアレルギー症状です。 
 

白髪染めをして副作用がでた時点で、白髪染めはストップしましょう。
この他にも、白髪染めの薬剤が目に入って失明したという報告もあります。

まだあった。白髪染めの副作用

白髪染めを使い続けていくと、健康面にも影響がでる可能性があります。 
 

発がん性物質・腎臓障害・肝臓障害

白髪染めに含まれている、ジアマン系の化学染料やアミノフェノール・レゾノシンは発がん性が指摘されています。 
 

すぐに症状が現れるのではなく、長年使い続けることで成分が蓄積されていき、それが原因していると言われています。 
 

これらの成分は皮膚を介して身体へ吸収されるので、とても危険なことがわかりますね。 
 

また、腎臓障害肝臓障害もあります。
体内に入ってきた、化学物質を腎臓や肝臓が濾過する働きがあります。 
 

必要以上に働きすぎると腎臓にも肝臓にも障害が現れてきて弱ってしまいます。
現に、白髪染めの表示には肝臓・腎臓の弱い方は使用を避けるようにと書いています。 
 

肝臓・腎臓が弱い方は使用を避けるようには書いていますが、使い続けていると障害が起こりますと書いてはくれません。 
 

自分の身体は自分で守るしかありませんね。 
 

造血機能低下

白髪染めの化学染料が皮膚から吸収されるために起こる病気です。
「骨髄異形成症候群」「再生不良性貧血」などがあります。 
 

再生不良性貧血の方が、白髪染めを中止したら体調がよくなり治癒した例もあります。

白髪染めで副作用のないカラー剤はあるの?

副作用のないカラー剤って?

・ヘアカラートリートメント

この商品は、ジアミン系の化学染料が含まれていないので身体に安心です。 
 

しかし、白髪染めのように一度で綺麗に染まるということは不可能です。
何度も重ねて使用することで、白髪を自然に染めていきます。

まとめ

以上、白髪染めの副作用についてご紹介しました。
白髪染めの副作用が現れた場合、白髪染めの使用はストップしましょう。 
 

酷い場合は生死に関わるアレルギー症状(アナフィラキシーショック)を引き起こすこともあります。 
 

また、白髪染めに含まれている化学物質は、発がん性腎障害・肝障害などを引き起こす可能性もあるので注意してください。 
 

白髪染めのように一度で綺麗には染まりませんが、ヘアカラートリートメントは健康面で安心です。 
 

ヘアカラートリートメントにはジアミン系の化学染料は入っていません。
身体のことを考えるととてもお勧めの商品です。ぜひ、一度お試しください。 
 

Sponsored Links