白髪染め クリームタイプ

 

白髪染めにはいろいろなタイプがありますね。
 

とくに、クリームタイプは昔からあるスタンダードな商品です。
 

最近では、ジェル状のタイプや泡状のタイプなど誰でも簡単に染められるタイプも増えてきています。簡単に染められる商品に目がいきがちですが、長く使い続けている人はクリームタイプを好んで使っている人もいます。
 

そこで今回は、白髪染めのクリームタイプのメリットとデメリットをご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

白髪染め・クリームタイプのメリット

泡状やジェル状の簡単なタイプがあるのに、クリームタイプがなくならないのはどうしてだと思いますか?
 

それは、泡状やジェル状にはないメリットがあるからです。
 

クリームタイプの4つのメリット

1:太い髪にもしっかり染まります。
2:ピンポイントで染めることができます。
3:色むらがなく綺麗に染まります。
4:残ったら保存が可能なので経済的です。

以上4つのメリットがあります。
 

1:太い髪にもしっかり染まる
クリームタイプは、液だれもなく髪にしっかりと浸透することができるので、太い髪もしっかり染め上げます。
 

2:ピンポイントで染めることができる
白髪がピンポイントである方は、全体染めをしなくてもいいので、便利です。染めたいところにだけクリームを塗るため、髪の傷みも抑えることができます。
 


3:色むらがなく綺麗に染まる
クリームを髪に密着させることができるので、ムラなく染めることができます。生え際などの部分染めリタッチにも最適です。
 


4:残ったら保存が可能なので経済的
チューブから取り出して使用するので、残ったら保存ができます。白髪が生えてきたら、また使うことができるので経済的にも助かります。
 

美容院で使用されている白髪染めは殆ど、クリームタイプが主流です。
 

白髪染め・クリームタイプのデメリット

クリームタイプは、初めて白髪染めをする方には少し大変かもしれません。それはどうしてでしょうか?
 

クリームタイプの4つのデメリット

1:伸びが悪いので染めにくいです。
2:ロングの方が全体を染めるには容量が少ないです。
3:初心者の人が一人で染めるのは大変です。
4:片付けが面倒です。

白髪染めクリームタイプには、以上4つのデメリットがあります。
 

1:伸びが悪いので染めにくい
泡やジェル状の白髪染めに比べて、硬くて伸びが悪いです。
 

そのため、ブロック分けをして塗っていきます。このブロック分けが面倒だなあ~と思う人が多く、簡単な泡やジェル状の白髪染めへと変更する方もいます。
 

2:ロングの方が全体を染めるには容量が少ない
ロングの方が部分染めではなく全てを染める場合は1箱では足らなくなります。
 

3:一人では染めるのが大変
伸びが悪いので、一人で染めるのは大変です。
 

とくに後頭部など見えない部分を染めるのは初心者には大変難しいです。家族の方に助けてもらいながら染めるのがいいですね。
 

4:片付けが面倒
クリームタイプは、1剤2剤を合わせて使います。そのため、使用した容器やはけを片付ける手間がかかります片付けが面倒だと言う方にはお勧めできません。
 

まとめ

クリームタイプは、初心者には少し面倒な気がします。1剤と2剤を使うので容器やハケなどを洗ったりするので片付けが面倒と言う方にはお勧めできません。
 

また伸びが悪いので後頭部などに塗り残しができたりします。一人で使用する際は、三面鏡をみながら後頭部を塗るのもいいですし、家族の方に手伝ってもらいながら使用するのもいいですね。クリームタイプは、しっかりと染まるので使い続けている人気商品でもあります。美容院で使用されている白髪染めは、このタイプが殆どです。
 

以上、白髪染め・クリームタイプのメリットデメリットをご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

Sponsored Links