白髪抜いたら増えるって本当?

 

白髪が目立ってきたから、ヘアカラーを試してみようと考えている方は多いですね。そのときに心配なのがヘアカラー選びです。市販のヘアカラーにはいろいろな種類のヘアカラーがあります。
 

しかし、その多くは化学染料を使っていて、身体に悪そうです。そこで注目したいのがヘナカラーです。ヘナは天然のハーブです。現在はヘアカラーの他にもいろいろな用途があり使用されています。
 

しかし、ヘナっていったいどんな物?本当に効果があるの?そんな疑問も湧いてきますね。
 

そこで今回は、ヘナに疑問を持っている方のために、ヘナについて詳しくご紹介しようと思います。
 

Sponsored Links

そもそもヘナって何でしょう?

ヘナはハープです。古代から、染料として使われてきました。ヘナが使われていた歴史はとても古く、あのクレオパトラもヘナを使用して爪を染めていたという逸話もあります。
 

ヘナはどこで育つのでしょうか?

エジプト・インド・北アフリカ・イランなどの土地が乾燥していて水はけの良い丘陵で育ちます。
 

ヘナってどんな木だと思いますか?

ミソハギ科の植物です。低木で高さ3メートルから6メートルまで成長します。です。白かピンク系の花をつけ、葉っぱは緑色で、形は楕円形長さ2センチ幅1センチの小さな葉っぱです。
 

ヘナはどうやって使うの?

葉をよく乾燥させて、粉末にして、水などで溶きます。
 

ヘナの使い方は?

主に染料として使います。(眉・爪・髪・手足などの染料やペイントとして使う)日本では、白髪染めやトリートメントとしてインド産のヘナが使用されています。(ペルシャ産のヘナが質が良いと言われています)
 

また、花は香水の原料としても使われています。
 

ヘナの効果について

ヘナは染料として使うだけでなく、身体への効果もあります。ヘナはインド古来の伝承医学(アーユルヴェーダ)でも使われているハーブです。
 

ヘナの効果とは?

フケかゆみを予防
髪の毛を保護する・髪の毛がサラサラになる
解毒
炎症抑制
新陳代謝をあげる
血糖値を安定させる
紫外線予防
便秘解消
更年期障害PMSを緩和
安眠
 

など、ヘナは身体にもいろいろな効果を発揮してくれます。
 

しかし、このメカニズムははっきりとわかっていないのが現状です。
 

ヘナを上手に使用する方法とは?

ヘナを白髪染めとして使っている方は多いと思います。その時に注意しなくてはいけないことはなんでしょうか?
 

ヘナを使用するときの注意点・白髪染めの場合

ヘナを使用する際、天然ハーブだから大丈夫だと思っている方も多いと思います。
 

しかし、ヘナには2種類あります。
 

100%天然ヘナ
ケミカルヘナ
 

ケミカルヘナには美しく染める為にと化学染料が入っています。この化学染料でアレルギーを起こす場合があります。
 

また天然だからと言って、その人に合わない場合もあるので使用する際には必ずパッチテストを行うようにしてください。使用する際は、100%天然ヘナを選ぶようにしましょう。
 

白髪染め以外のヘナの使用方法

ヘナは白髪染めの他にもいろいろな使用方法があります。
 

シャンプー&トリートメント
紫外線予防
足浴
デドックス
 

ヘナを頭皮につけてマッサージをします。髪の毛がツヤツヤになったと言う方の話をよく聞きます。これは、ヘナか髪の毛のタンパク質と結合して薄い皮膜を作ります。この結果、頭髪を保湿してサラサラヘアーにします。この皮膜は、紫外線カットもしてくれる優れものです。ヘナを使用して足浴をすることで、経皮治療ができ肝臓の解毒をしたり子宮の働きを整えたりします。
 

まとめ

以上、ヘナの効果についてご紹介しました。
 

ヘナは天然由来のハーブなので、身体に優しいため、白髪染めだけでなくいろいろな所に効果があります。疲れたときにヘナを使ったら凄い眠気が襲ってきたという話をきいたことがあります。ヘナを使う際には時間に余裕があるときがいいですね。
 

白髪染めとして使用する際には、必ずパッチテストを行って使用しても大丈夫なのかを判断してください。使用する際には天然100%ヘナを購入するようにしてください。白髪染めには市販の化学染料が入ったヘアカラー剤は極力使わずに、頭皮に優しいヘナカラーをお勧めします。
 

Sponsored Links