白髪抜いたら増えるって本当?
 

白髪が生えはじめのころ、私は白髪を子供に抜いてもらったりしていました。
友達にその話をすると、白髪は抜くと増えるという話を聞き慌てた記憶があります。

白髪って抜くと増えるって本当なんでしょうか?

白髪を抜くのはダメなのか、それともいくら抜いても大丈夫なのか、果たしてどちらが正しいのでしょう?

今回は白髪を抜くのは大丈夫なのかそれともNGなのかをご紹介しましょう。

Sponsored Links

白髪を抜くと白髪は増えるって本当?

白髪を抜くと白髪が増えるという噂は結論からいいますと、間違いです。白髪は抜いても増えるということはありません。

これは、白髪が生えるメカニズムを考えるとはっきりとしています。

白髪が生えるメカニズムとは→白髪は、メラノサイトとメラニン色素を生成する酵素の活動が弱くなり黒髪になれずに白髪として生える

以上のことから、髪の毛を抜いても抜かなくても、何かの対処をしなければ同じ毛穴からは白髪が生えてきます。

白髪を抜く→白髪が増えるという噂は間違っていますね。

では、何故このような噂が一人歩きしたのでしょう?

○白髪を抜くと、一時的に髪の毛全体が黒く感じます。しばらくすると、また白髪が生えてきます。そうすると、白髪が一度に増えたと錯覚してしまいます。
このことから白髪が増えたと勘違いするのではないでしょうか?
しかし、抜くことで白髪は増えませんが、頭皮や毛根にトラブルが生じます。

白髪を抜くことで起こる2つのトラブルとは?

1頭皮のトラブル

無理やり白髪を抜くことで頭皮のトラブルが起こります。毛穴周辺の皮膚が炎症を起こしたり毛細血管が傷ついたりして毛嚢炎
になる場合があります。
毛嚢炎とは・・・抜いた毛穴から雑菌が入り起こる病気。ぶどう球菌が感染してなる皮膚炎です。酷くなると皮膚切開をしなくてはいけなくなるので
注意が必要です。
2毛根のトラブル
抜き続けていると、毛根のトラブルになります。毛母細胞が繰り返しダメージを受け続けると髪の毛自体が生えてこなくなります。
毛穴から髪の毛は通常2~3本生えています。白髪を抜いてしまうことで、毛穴で一緒に生えていた他の髪の毛にも影響を及ぼし、切れ毛や抜け毛の原因になります。
最悪の場合薄毛になってしまう可能性だってあるのです。

髪の毛を抜くことで白髪は増えませんが、頭皮や毛根へのトラブルの原因になるのであまりしないほうがいいですね。

でも、少ない白髪なら抜いてしまいたいと思いますね。では、抜かずに対処する方法をないのでしょうか?
じつは、抜かずにトラブルを回避することができるのです。

白髪を抜かずに対処する2つの方法

生えてしまった白髪、それが少ない場合でも多い場合でも抜いてしまいたいと思います。でも以上のことから抜くことはリスクを伴うのでやめましょう。
実は、白髪を抜かずに対処する方法が二つあります。

1白髪は抜かずにハサミでカットする
この方法は、皆さんご存じの方は多いのではないでしょうか?白髪がチラホラと見え隠れてしている場合なら、まだハサミでカットすることはできますね。
ハサミでカットするので毛根や頭皮へのトラブルがなくなります。
しかし多い、白髪にはこの作業はとても大変です。

2白髪は抜かずに白髪染めを使う
少ない白髪には、ハサミでカットすることをお勧めしますが、白髪が増えてしまって手に負えない場合は、白髪染めをお勧めします。
白髪染めの成分の中にアレルギー物質が含まれているものがあります。成分表をみてアレルギー物質(ジアモン系化合物)が含まれていないことを確認して使うようにしてください。

ジアミン系化合物は市販されている殆どの白髪染めに含まれています。アレルギーのある方は注意が必要です。
また、敏感肌の方や大丈夫だと思われる方も白髪染めをする場合はパッチテストをお勧めします。

まとめ

白髪は抜いても増えたりませんが、頭皮トラブルを招くこともあるので抜いてはいけません。白髪は抜かずにハサミでカットするか白髪染めをするようにしてください。
白髪染めをする場合は、アレルギー物質に注意が必要です。また、必ずパッチテストをするようにしましょう。

Sponsored Links