白髪になるのはメラニンがないから?

 

メラニンと聞くと、シミやそばかすを増やす天敵。そんな風に思っている人は多いですね。私もその一人でした。しかし、メラニンは人間の頭髪の色や肌の色などを決める大切な役割があることをご存じですか?
 

黒髪と白髪を比較してみると、黒髪にはメラニンが豊富にありますが、白髪にはメラニンが全くありません。皆さんもご存じかと思いますが、生まれたての髪の毛は全て白髪です。
 

メラノサイトという色素工場でメラニン色素を生成する酵素が働き、髪の毛は黒髪へと変わっていきます。
 

つまり、白髪の原因は、メラノサイトとメラニン色素を生成する酵素の低下で起こります。メラニンっていったいどう言う物なのでしょうか?
 

今回は、白髪とメラニンについて詳しくご紹介したいと思います。
 

Sponsored Links

そもそもメラニンって何でしょう?

髪の毛の色はその国々で違っています。日本人は黒髪が多いですが、欧米人は金髪の人が多いです。この髪の毛の色の違いはなんだと思いますか?
 

実はメラニンには2種類あります。

  • ユーメラニン
  • フェオメラニン

ユーメラニンの色素は黒っぽいです。フェオメラニンの色素は黄色っぽいです。髪の毛の色は、この2つのメラニンの配合によって変わってきます。日本人に黒髪が多いのは、ユーメラニンの量が多いからですね。
 

また欧米人に金髪が多いのは、フェオメラニンの色素が多いからです。
 

では、このメラニンってどうやって作られるのでしょうか?
 

メラニンってどうやって作られるの?

メラニンが作られる工程

食物に含まれるチロシンを摂取すると

チロシナーゼ(酵素)になる・チロシナーゼ(酵素)は元々人間に存在します。

チロシナーゼが変化してメラニンになります
 

白髪の原因は、メラノサイトとメラニン色素を生成するチロシナーゼ(酵素)の働きの低下で起こるので原因の一つであるメラニンを増やすことで白髪対策になりますね。
 

メラニンを増やして白髪対策をしよう

白髪対策には食物からチロシンを摂取してメラニンを増やすといいですね。
 

チロシンが多く含まれている食物とは?

  • チーズ
  • 大豆
  • かつおぶし
  • 高野豆腐

などの食品を多くとるようにしましょう。
 

ビタミンB6とビタミンB9と一緒にとると、チロシンの吸収がよくなります。チロシンを多く含む食品と一緒摂るといいですね。
 

また、食生活が偏らないようにバランスの良い食事が大切です。
 

メラニンを活発にする方法とは

頭髪は夜に作られています。メラニンを生成する酵素も夜に活発になります。そのためにも、質の良い睡眠をとるようにしましょう。
 

質の良い睡眠とは?

  • 深い眠り
  • 成長ホルモンゴールデンタイムに寝るようにする

 

夜10時から夜中の2時に睡眠をとることが望ましいです
 

しかし、現在では成長ホルモンは時間に関係なく分泌されると言われています。この時間に睡眠をとるのが望ましいのは、規則正しい生活をするため、この時間帯がよいとされています。
 

質の良い睡眠をとる為には

  • 就寝2時間前までにゆっくりとお風呂に浸かる
  • 就寝2時間前までに食事は済ます
  • 寝具は自分に合ったものにする

などを心掛けてください。
 

白髪の原因になるメラニンですが、メラノサイトの色素工場の働きが低下しているとうまく黒髪にはなりません。
 

そのためにも、規則正しい生活習慣が大切ですね。規則正しい生活習慣とは、ストレスをためない・適度な運動をする・バランスの良い食事に心掛けるなどです。

 

まとめ

以上、白髪とメラニンについてご紹介しました。
 

メラニンには2種類あります。その2種類のメラニンの配合によって髪の毛の色が決まります。メラニンの量が少ないと白髪の原因になります。
 
そのためメラニンを増やすには食物から摂取するようにしましょう。メラニンを作るチロシンはチーズや大豆、鰹節などに多く含まれています。
 
メラニンを活発にするには質の良い睡眠が大切です。深い眠りに心がけるようにしましょう。
 

その他には、規則正しい生活習慣も大切です。白髪で悩んでいる方は、生活習慣も見直すことも大切ですね。
 

Sponsored Links